第3回武術祭&國際武學大賽PV(2020年11月22日開催)

 

 

 

 

2021年11月21日(日)

全日本武術祭&國際武学大賽

 

全国の武学同志が年一回、一同に会する一大イベント、祭(マツリ)である、全日本武術祭&國際武学大賽。

 

今年で第4回を迎えることとなりました。

 

武学を全世界に広めるため、また全国にいる同志とのリアルでの交流の場であり、日々稽古してきた成果を披露しあうことで、お互いに切磋琢磨する場として、今年も神戸に集ってみんなで盛り上げましょう!

 

また今年は、翌日、翌々日と3日連続で武術イベントを開催します。

 

合わせて参加すると割引で申し込みできますので、ご都合合わせてご参加ください。

 

レノンリー先生より全日本武術祭の役割や禮法部門の開設意図について直接お話を伺いましたので、こちらの映像もご覧頂ければと思います。

 

 

 

 

概要

 

———————
第4回 全日本武術祭&國際武學大賽
———————
◆参加資格
369コミュニティ参加済み、且つ志体術やSSM等で志を出していること。
※禮法部門のみの出場者は369コミュニティ参加済みであること

———————————–
日時:2021年11月21日(日)
第1部 全日本武術祭 14時00分~17時00分
第2部 國際武學大賽(弥栄) 17時30分~20時30分
※時間は多少変更の可能性あり。

会場:神仙閣 神戸店
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-1
アクセス:三宮(神戸市営)駅[西出口3(地下鉄三宮)]から徒歩約2分

 

 

 

武術祭 出場種目

 

出場は[1]~[4] より各1種目、[5]~[6]は複数エントリー可となっております。
※エキシビジョンは含みません。

 

[1] 禮法の部【個人】

2020年より始まった新種目です。正体礼法のみでどこまでエネルギーが通るかを競います。礼法を一度だけし、トレインで一番後ろの人の足が動くまでの時間を競います。

 

 

[2] 徒手武術の部【個人】

徒手での套路を演武し、その正確さや、美しさ、力強さなどを競う種目です。

※徒手武術の部は①~⑤の部門に分かれており、この中から1つだけ出場することが出来ます。

①北派武術の部:長拳、査拳、劈掛拳、五行北拳、通背拳 etc…

②洪武門武術の部:南拳、五祖五行拳、詠春拳、五行南拳 etc…

③内家武術の部(伝統武術の部):太極拳、八卦掌、形意拳、八極拳 etc…

④志体術の部:弥勒波左右統一型、弥勒波二十六分解手、弥勒三十六拳

⑤侍武藝の部:十四経絡體術、五行六臓経絡體術

 

 

[3] 器械の部【個人】

ヒ首・棍・剣・ヌンチャクなどの武器(器械・兵器)を使用した套路を演武する種目です。

 

 

[4] 対練の部

対練とは2~3人で、あらかじめ決めてある武術の攻防動作にあわせて、攻撃、または、防御で構成した套路(型)を仮想の実践として行う種目です。

 

 

[5] 集団の部(MWM以外)

集団での套路の演武を行う種目です。

 

 

[6] 新武術の部(Motion with Music)

音楽に合わせて、集団での套路の演武を行う種目です。

 

 

 

 

 

2021年11月22日(月)
◆特別イベント「洪武門李式體術体験会」

 

日時:2021年11月22日(月)
会場:未定

 

今まで開催されてきた、または開催中の、レノンリー先生による體術講座の体験が一日でできる企画です。

 

・洪家體術
・詠春體術
・八極體術
・波動太極拳
・酔八仙之術
etc…

 

具体的な内容や時間などは現在企画中です。

 

「興味はあるけど、自分なんかが受けていいのだろうか?」
「受けたかったが機会を逃して受けられていない」
「仕事などの都合で参加できなかった」
という方も、中には多くいらっしゃいます。

 

どの武術も奥が深く、どれもゼロ化を深めるにはとても良い稽古です。
受けられなかった方は受けられるチャンスです!

 

 

 

 

2021年11月23日(火)

◆特別イベント「武活 Bu-katsu」

 

日時:2021年11月23日(火)
会場:未定

 

武を学び、武を活かし、武で活きる。

 

武活は、武術・武道を学び、そしてそれを活かしてお互いのことを考え、コミュニケーションをとり、時には人を助け、守り、みんなの人生をもっと楽しくなってほしい。

 

そんな想いを持った武術、武道の達人が講師となり学校のように楽しく授業をする武術武道ワークショップです。

 

・気空術
・システマ
・空手
・中国武術
etc…

 

など様々な武術・武道を体感できる場であり、他の武術・武道に取り組まれている方との交流できる貴重な場となっています。

 

 

 

 

◆コースおよび参加費(税込)

 

①早割3日間フル参加(武術祭+イベント2日間、11/21~23):¥48,900→¥44,000

②11/21 武術祭参加:¥36,900(食事付き)
③11/21 武術祭 禮法部門:¥21,000(禮法部門のみ出場+食事付き)※特別稽古なし
④11/21 大会現地観戦:¥21,000 ※幼児無料、6才~15才は半額で参加可能です。
⑤11/22 「洪武門李式體術体験会」:¥6,000
⑥11/23 「武活 Bu-katsu」:¥6,000

◎早割申込期限:2021年9月15日(水)

 

※①②申込の方は、関東関西で8月から毎月1回開催されるレノンリー先生の套路稽古会に参加できます。
※9月15日(木)以降も申込可能ですが早割コースは無くなるのでご了承ください。
※小学生のお子様のお食事の料金は未就学児が無料、 小学生が2500円になります。お子様連れの方は その他連絡事項に記載をお願い致します。
※禮法部門に出場条件はありません。
※参加者の人数によっては前日の練習会で予選がある場合があります。

 

お申込みはこちら

 

 

 

 

Q&A

 

 

出場種目の演武時間や人数について知りたいです
■徒手武術の部

・参加可能なのは原則1つのみ
・時間:1分以上~2分以内

 

■集団の部(MWM以外)

・人数:4~10人

・時間:1分30秒以上~3分以内

 

■MWM

・人数:4~20人

・時間:~3分以内

 

 

団体に出場する際、規定人数をオーバーしても良いでしょうか?
規定人数をオーバーしても構いません。ただ、減点の対象になります。

 

 

套路を直接習っていなくても参加して大丈夫でしょうか?
参加資格を満たしているのであれば、出場して構いません。

 

 

衣装はどういったものでも大丈夫でしょうか?
衣装はどういったものでも構いませんが、覆面はNGです。

 

 

いくつ出場出来るんですか?
個人の部は禮法の部、徒手の部、器械の部、対練の部から各1種目しか出られません。

集団の部と新武術の部は、いくつ出場しても構いません。

 

 

武術祭の練習はどこで行われていますか?また、参加資格などありますでしょうか?
禮法部門のみ参加の方は、参加することが出来ません。

場所については、武術祭参加者グループなどで都度告知させて頂きます。

 

 

誰でも参加出来ますか?参加資格などあるのでしょうか?
参加条件は369コミュニティ参加済み、且つ志体術やSSM等で志を出していることとなっております。

禮法部門のみに出場される方は、369コミュニティ参加済みであることです。

 

 

予選会とは何ですか?
今回の武術祭では、参加人数によっては本大会前日の11月20日(土)に予選が行われる可能性があります。
その際は、別途ご連絡させて頂きますので、ご確認よろしくお願い致します。

 

 

オンライン中継や動画配信などあるのでしょうか?
参加者には、後日動画を配信させて頂きます。

 

 

タイムラインはどのようになっているのでしょうか?
タイムラインは完成次第、出場者用のFBグループに共有させて頂きます。

 

荷物置き場はありますか?
会場とは別の階に、荷物置き場を用意してありますので、そちらをご利用下さい。

 

子供の食事も大人と一緒になのでしょうか?
大会時のお子様の観戦については、未就学児が無料、 小学生が2,500円となっております。
もしお子様を連れられてご参加される場合は、「その他連絡事項」に記載をお願い致します。

 

泊まる場所についてはどうなっていますか?
宿泊先は各自で取って頂く形になります。

 

キャンセルすることは出来ますか?
キャンセルによる返金は致しかねますので、ご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

主催 日本創生会について

 

武術祭を主催する日本創生会は《新生の日本を創り出す》をモットーに、有望そして希望のある志の高い人達を集め、日本の未来を背負える人材を育成する団体です。

 

そして「洪家體術」を通して心技体のすべての昇華を目指すと共に、より面白い世の中を作って行くために、自他不敗の活学である「武学」を全世界に広めていくという活動をしています。

 

この武術祭も、武学の普及活動の一環となっています。

 

全国の同志とリアルで交流出来る大きなイベントは、現在この武術祭だけです。

 

より武学を広めていけるよう、みんなで盛り上げていきましょう。